2020 03/25 BLOG

・うつ伏せで寝ている人は「寸胴体型」になるし「老けやすい」

こんばんは、松山美容整体院の岡本です

 

今日は「うつ伏せで寝ることが癖になっている人」について書いています

 

世の中には「うつ伏せで寝ることが癖になっている人」って沢山いらっしゃるんでしょうけど

 

うちの場合、そんなにはいらっしゃらないんですね、だいたい10人体験にお越し頂いて1人いるかいないかぐらいです

 

ですが1月と、2月に体験にお越し頂いた方の中で3人もいましたから、この機会に書いておく事にしました

 

 

◯うつ伏せで寝ると「寸胴体型」になるし「老けやすい」


 

それで

 

体験にお越し頂いた時のカウンセリングで皆さんに「どういうとこが気になるんですか?」って伺うんですけど

 

まぁ

1カ所だけが気になるっていうことは無いですよね

 

例えば

お客さん「顔の浮腫とか、お腹も気になるし、頭痛とかも治らなくてずっと薬飲んでるんです」

 

と、いうような感じです

 

あれも、これも・・じゃないけど

身体の事で、気になる箇所が何カ所もあるっていうのは間違っていないですよ、だって身体は繋がってるわけですから

あと、ご自身の顔や身体を良く見ているということで、とても良い事だと私は思ってますよ

 

 

それで

 

私 「わかりました、ちょっと立ってみてもらっていいですか・・・う〜ん・・・、うつ伏せで寝てますよね?それが、いろいろ気になるところの原因になってますよ」

 

お客さん 「え?」 って

 

 

◯ 何かを始めるより、今やってる事を見直すほうが、早くキレイになる


 

 

キレイになりたいな〜、自分を変えたいな〜と思って何かを始めることももちろん良いと思いますが

 

それよりもまず、今やってる事を見直すほうが、早くキレイになります

 

ということで

長年うつ伏せで寝ていたOさんにご協力いただきました

(掲載の許可を頂き誠にありがとうございます)

 

最初はこんな感じでした

岡田様 0回

うつ伏せで寝ることが癖になっている人特有の肋骨の潰れ方

背骨も真っ直ぐすぎて、背中がベタッと平面的に見えてるでしょ

この状態が続くと、お腹も硬くなります

 

☆美容面では

 

・顔の浮腫・歪み・肌荒れ・くすみ

・下半身太り

・お腹が出やすい

などなど

 

☆健康面では

 

・偏頭痛

・呼吸が浅くなるので自律神経系に問題が起きやすくなる(汗の調節が出来なくなる等)

・疲れが抜けない

 

などが起きやすいです

 

 

角度が違いますが・・・

 

 

うつ伏せで寝る事が治って来た時のOさんはこちら

岡田様 美容矯正 途中経過 体操

背骨にアーチが出て来たし、身体の後ろ側がきちんと使えるようになって美姿勢になってきました😊

メリハリも出てスタイル良くなってるし、こっちのほうがキレイだと思いませんか?

 

多分、私服姿のほうがよりわかりやすいとは思うんですけど

スタイルが良くなると、洋服にお金をかけなくても、高い服を来ている人より、それこそ、無印や、ユニクロでキレイに見えたりするんですよね

 

逆に、高い洋服を来ているのに、良い物に見えなかったり・・・それって残念ですよね

 

 

◯ うつ伏せで寝る人、その解決策


 

まず、うつ伏せで寝る人の特徴として「子供の頃からの癖」というものがあります

 

①柔らかすぎる布団を変えてみる

 

なんだ、そんな事か・・・と思うかもしれませんが

これ、かなり重要ですよ!(ちなみに座る時も、沈むような柔らかいソファーは良く無いです)

 

硬さ的にどれぐらいか?っていうと、畳の上に布団ぐらいの硬さが理想的だと思います

(私は昔から畳ベッドで寝ています、畳が古くなると、畳だけパカッと変えれるので便利でおすすめ)

 

年齢にもよりますが20代前半ぐらいの方だと(例外もあり)、まだ組織が柔らかいので↑の事をすると自然と治る場合もあります)

布団を変えて、柔らかい運動(ウォーキングなど)を行うと、そこそこ改善すると思います(今悩んでいるお悩みが解消に向かうという事です

 

*うつ伏せで寝ると身体に良い!←のような事がネットに載っていたりもしますが、うつ伏せで寝て何一つ良い事はありません、こういったデマ情報に騙されてはいけません

 

 

ちなみに!

 

逆にどういう寝方が良いのか?ということですが

 

うつ伏せ以外で寝るのは問題ないです(仰向け、横向けなど)

(*横向けで寝るのは駄目!という事を言う方もいますがそんなことはないです)

 

 

◯ お店に行かれる場合は、しっかりみてもらってください


 

ただし

肋骨は年齢とともに硬くなってきますので(下図)、うつ伏せで寝ることが癖になっている期間が長い方は歪みも強いし、↑の事だけでは正直、不十分な場合が多いです

 

なんせ、かなり年季が入っている人は矯正でも手こずりますから(汗)

 

私の経験上、平均で見て、25歳以降から年々動かなくなる傾向があります

その場合、歳を重ねるごとに矯正が困難になってきて、身体のメリハリが出しにくくなるということなんです(日々の運動量などにより個人差あり)

 

肋骨

 

(うつ伏せで寝る事が癖になっている方は○で囲んだ部分が潰れやすいし、固まりやすい

 

 

◯「肋骨の歪み」「身体のメリハリ」については過去に書いたこの記事が参考になると思います

こちらをどうぞ

(バストアップ・松山市・身体の歪み)☆メリハリ作りは「肋骨」から

 

 

そういう時には、最終手段と言ったら言い方おかしいかもしれないけど、お店に行ったほうが早く問題が解決します(長い目で見ると、時間的にもお金的にも)

 

 

うちにお越し頂く方は

 

エステも行ったし、整体も通ってました

 

っていう人が多いんですけどね

 

(今回掲載させて頂いたOさんもそうでした、Oさんは美や健康に対してとても前向きで努力家です!)

 

 

私 「そうですか〜うつ伏せで寝てる事、言われませんでした?・・・言われましたよね?」

 

お客さん 「全然言われませんでした」

 

とおっしゃる方が大半だったりします・・

 

(人の身体触る仕事をしてたら、こういうのは見たらわかるし、基本中の基本なんですが・・)

 

えっ?言われなかった・・?・・・どうして?

 

と、心の中で思いつつもグッとこらえつつ、「そうなんですね〜」って(ご自身の身体に投資してきている事は、何もしない人より数倍良い、その人達が今まで良いと思ってしていた事を否定したくないので)

 

ということで、この記事を書いたもう1つの理由は、上記の理由からなかなか面と向かって言えないこともあるからなんです

 

 

私からすると、どうしてもっと身体をキチンと見てあげないんだろう・・・・って不思議でならないんですよね

 

あと・・・正直悔しい!

 

 

もし、あながたキレイになりたい!って思ってお店に通う場合は

 

そういうところをしっかり見てもらってください!

 

ボーテ・ボディワーク美容整体

ボーテ・ボディワーク松山美容整体院
代表 岡本 健司

「ここに来て本当に良かったと思っていただけること」を一番に考えた施術を行っています。

代表 岡本 健司